私が結婚式を挙げたのは、今から10年近く前です。

できちゃった結婚のため重たいお腹をかかえながらの準備でしたが、結婚式を挙げるのは子供の頃からの夢だったので、大変でしたがとっても楽しかったのを覚えています。

結婚式場を選んだ決め手

結婚式を挙げるということが決まってから、まずはブライダル会社に行きました。いくつかのホテルを紹介してもらい、そのうち3つほどを実際に見に行ってみました。

そして、ブライダルフェアというものがあって、そこでは模擬披露宴を見ながら実際に披露宴で出される料理を食べて、引き出物や衣装をチェックしたりすることができるというのもブライダル会社で聞いて、まずはと、とりあえず日にちの近かったとあるホテルのブライダルフェアを見に行くことになりました。
結婚式招待状の宛名書きのポイントをタイプ別に紹介

実際に行ってみてビックリ。会場は本当に実際の披露宴会場のようにお花やバルーンなどで綺麗にデコレーションされていました。しかも、テーブルクロスやナフキンの色が黒!スタイリッシュでカッコいい!と思い、夫婦でその時点で一目ぼれしてしまいました。特に主人が「カッコいい!これはいい!」と興奮していました。

そして、料理も美味しかったですし、実際に少し面談をしたホテルの方もとても感じがよく、ここがいい、と即決しました。

結婚式でこれをやって良かったという点

実際に結婚式をして、これをやって良かったと思うのはバルーンでのデコレーションと、男女別に分けた引き出物です。

バルーンデコレーションは、子供の招待客も結構多かったのもありますが、私が単純に好きだったというのもあります(笑)。入り口にも置きましたし、会場のテーブルの上にも置きました。会場全体の雰囲気がかなり華やかになって、とても良かったなと思っています。

夫婦のゲストが結構多かったので、同じものを引き出物にしてしまうとひとつの家庭に2つ渡すことになるので、だったら男女別にして違うものを持ち帰ってもらったほうがいいかなと思いました。

ちなみに男性は落ち着いた感じのお皿、女性には有名ケーキ店のパウンドケーキにしました。かなり喜んでもらえましたので、満足しています。

こうすればよかったという点

逆に、後になってこうすれば良かったと思っているのは、メイクをもっとしっかり打ち合わせてやってもらえれば良かったなーと思っています。当時の私はあまりメイクに詳しくなかったのですが、今になって写真や映像等を見ていると「アイメイクやチークはもっとこういう感じが良かったかなぁ」とか「もっとキラキラのパウダーとかを使ってやってもらえば良かったかも…ちょっと地味だったかも」などと思うことがあるからです。

以上、私の結婚式体験談をご紹介しました。短い準備期間だったのですが何回も何回も打ち合わせを重ねたり、使う曲も一生懸命ネットで調べたりと、仕事の合間を縫ってかなり頑張って準備をしました。正直大変でしたが、その分満足のいく、思い出に残る結婚式だったと思います。